中国のゴルフ事情。深セン、広東省、北京、上海のゴルフ場案内やゴルフ練習場案内。中国でのゴルフ予約と送迎サービス。運転手付きレンタカー

激安市場TOP
海外ゴルフ案内。中国の深セン市近郊の最新ゴルフ状況とコース紹介

中国ゴルフ案内

ご利用の規約と会社案内

サイトマップ

TOP 価格別ゴルフ場ランク プレー予約代行 レンタカーサービス その他送迎サービス 申込
中国でのゴルフ事情とプレースタイル
中国でのゴルフ場事情

最近の中国のゴルフj事情は、日本の1990年代のように富裕層を中心にゴルフブームが始まり、
練習場やコースは、諸物価に比較して値段が高いのに、来客が多く潤っている。一般の勤労者の賃金の
1ヶ月分に相当するプレー代は物価に比較して非常に高いが深センなどの都会には新しい富裕層や
中間所得層が次々に誕生しており、マイカーブームやゴルフブームが一気に広まっている。
中国南部で香港からバス、電車で行ける経済特区の深センは、香港人はもちろん日本人プレイヤーも
数多く訪れる場所である。深センは経済特区に指定されているが、深セン特区内にはゴルフ場が
数カ所あり、経済特区外の広州、恵州、中山、珠海、東莞、等にも本格的なコースが多数点在している。
コースは欧米の有名選手やコース設計家が設計して、大概のゴルフ場は距離もたっぷりあり、随所に
池やバンカーが配置されて、難易度の高いコースに仕上がっている。ティーグランドも赤ティー、
白ティーはもちろん、青ティー、ブラックティー(フルバックティー)があり、プレイヤーを楽しませてくれる

--------------------------------------------------------------------------------

中国でのゴルフプレーの特徴
大多数のゴルフ場は一人のプレーヤーに対して一人のキャディーが付く。ゴルフ場によってはA級、B級、
C級などとキャディーの技術ランクを付けていて客が選べるシステムのクラブもある。
地方出身の彼女達(圧倒的に女性キャディーが多い)は技術の差こそあれ、中には優秀な人材もいる。
大体のキャディーは日本語、英語は当然話せないが、親切である。バンカーの砂ならしもキャディーがする。
この結果、中国人プレイヤーはバンカーショットの後、全く気にせずバンカーを出てしまう。
あごの高い場所からも平気で出入りもする。バンカーショットの砂直し等しなくていいと考えているようだ。
コースによっては横着なキャディーもいて、穴だらけのバンカーもたまにある。これはキャディーの責任か、
客の責任か・・・・意見の分かれるところである。大多数の国ではバンカーショットの砂修繕はプレイヤーが
するもので、日本でもゴルフを始めた時に最初に教わる、最低限のマナーである。
スロープレー厳禁も最初に教わるマナーであるが、中国でプレーする場合は、前の組に対して上記の
マナーを期待してはいけない。素振りを何回もしてアドレスで固まっている人も多い。
大概は他人の事は気にしないでプレーをするようだ。

大概の中国人プレイヤーはバックティー(青)からプレーするようである。中国人の初心者プレイヤーも
青ティーから打つ。白ティーから打っているゴルファーはほとんど日本人でありわかりやすい??
後ろの組の事はほとんど考えないで、マイペースでプレーするので、初心者が入っている組の後ろで回る
場合は、時間がかかる場合も多いので、景色を楽しんだりして、腹をたてない事が重要である。
まれにマナーが良いゴルファーに出会うとほっとする程、彼らはマイペースのプレーを貫く。
もっとゴルフが普及すればマナーも良くなるかもしれない。

暑い地方なので、プレーには水などの携帯は必要である。コース売店も数箇所ある。
18ホールのスループレースタイルなので、通常は4時間前後で終了できる。
午後からスタートするゴルファーも多く、この点が日本のコースとは決定的に違う。
終了時にはキャディーへのチップも必要。中国はチップの習慣はないが、最近は必要になった。


広東、海南、桂林、雲南のゴルフ場のリスト   ゴルフリンク集  ゴルフ初心者 -ごるなび- 
スポーツランキングリンク集